しゅーとめも・わんもあせいっ

はてブに書ききれないことの追記や雑談。けっこう放言系。手巻きタバコにハマりだしてからは、シャグのレビュー多し

【タバコ】ローリングボックス買ったった【レビュー】

f:id:shoot_c_na:20140925085736j:plain

 先日、夜のうちに次の日のタバコ巻き忘れて
午前中でタバコを切らしてしまったため、2ヶ月ぶりくらいで
コンビニでタバコを買う…という失態(?!)をやらかし、
しかも久々吸った紙巻きタバコが不味い!と気がついてしまったため
外でも巻ける用意もせにゃならんな~となって、
ローリングボックスを買いました。
 シャグポーチと呼ばれる、シャグとともに喫煙具一式を放り込んでおける
袋もあってどっち買おうかな~と考えもしたのですが、どのみち二千円前後
するので、だったら面白いほうが・・・ということでこっちになりました。

 ローリングボックスは、フタの内側に少したるんだシートと
フタの開閉に連動したリンク機構で
シートをすり合わせるように動くローラーが仕込んであり
ローラーとフタの間に作ったくぼみにシャグとフィルター・ペーパーを
セットした後に蓋を閉めると

f:id:shoot_c_na:20140925085751j:plain

巻き上げられたタバコが飛び出してくる道具です。

 フタの裏側に機構が仕込んであるため厚みのわりに容積は少ないのですが
2日分くらいの分量になるシャグとペーパー・フィルターだったり
巻き上げたタバコなら10本くらいを一緒に持ち運ぶ事ができます。

 個人的にはフィルター使用前提なのと
(付箋を巻いて作る「チップフィルター」だと引っかかって巻き上げが
うまくいかない…と言うか失敗しててもそれに気づかず巻き上げてしまう)
細さに下限ができてしまうため、普段の超スリム巻きと比べて
倍はシャグを消費してしまうことと、
フィルターで吸うためチェーンスモークできてしまう
のがデメリットといえばデメリットなのですが、
一本巻くのにかかる時間は2/3程度、かつ巻きはキレイで見栄えが良い
というのは大きく、ガシガシ巻いております。