しゅーとめも・わんもあせいっ

はてブに書ききれないことの追記や雑談。けっこう放言系。手巻きタバコにハマりだしてからは、シャグのレビュー多し

【初心者向け】手巻きタバコ いろいろ覚書

 以前から興味はあって、チョコチョコ調べておいたものの
実行してなかった手巻きタバコ。家で吸うタバコは
これに置き換えていく決心がついたので、今まで調べたことを
忘れないためにも、書き残しておこうと思う

  • RYO Roll-Your-Ownの頭字語で手巻きタバコを指す
  • シャグ 手巻きタバコ用の刻みタバコ。元来は刻み幅の区分…らしい
     キセル用はもっと細く、パイプ用はもっと太い。
     当然これがないと始まらない。
     1グラムあたりの単価は20~25円程度。一本の使用量は0.7グラム前後
     紙巻きタバコ一箱相当に換算すると、300円~350円くらいのコストになる。
     紙巻きタバコと違い、燃焼促進剤などの添加物が含まれないため
     一本の燃焼時間は遅い。オイラのペースで70ミリを吸うのに
     5~7分かかる。ゆっくり一本吸うのでよほどのチェーンスモーカー
     でもなければ、一日あたりの消費本数は減る、ハズ。
     紙巻きタバコユーザーから見るとびっくりするほど湿気ている
     紙巻きタバコユーザーから見るとびっくりするほどいろんなフレーバーがある
  • ペーパー ローリングペーパー。シャグをまとめるための紙。
     長辺の一辺に糊がついていて、舐める等で水分を与えてチューブ状に貼る。
     長さや素材で相当種類が出回っている。
     シャグにおまけでついてくるもの…も結構ある。ただしおまけゆえに
     それなり・・・なものが多い。早くお気に入りを見つけよう。
     素材と厚みでファストバーニング・フリーバーニング・スローバーニング
     に分類され、燃焼速度の違いも大きな要素として扱われる。
     紙巻きタバコはファストバーニングと同等。
     特殊なものを除くと、100~200円程度
     一巻当たりの枚数は70ミリだと50枚、ロングはその半分
    長さ
     70ミリ レギュラーとも。ゴールデンバットなどと同じサイズ
      手巻きタバコでは、最も出回ってるサイズ
     79ミリ 1-1/4などと表記。昔国内では多かった「ロングサイズ」
      に近いサイズ。レギュラーに次いで流通量は多い
     96ミリ キングサイズ。今国内流通の紙巻きタバコはほぼこのサイズ。
      調べる限り、RYO界ではめっさマイナー。
     110ミリ ロングとも。紙巻きタバコも現在はこれをロングと称する。
      一本吸うのにどのくらいかかるんだろ?
    素材
     ライス 生春巻きではない。ペーパーの素材を限定しないモノを
      限定するものと区別する際に頭につけているもよう。
     ヘンプ 麻。ローリングペーパーに最適らしく、多くの製品が
      ヘンプ製を謳う。トレーシングペーパーのように透ける。
     リネン 亜麻。あるらしいが、現物はあんまり見かけない
     パルプ 木材。
    この他にも無漂白を売りにするものや、リコリス配合、
    フレーバーペーパーなんていうのもある。
  • フィルター ニコチン・タールを吸着するほか、温度調整も行う。
     シャグが口の中に入るのを防ぐ効果も。付けると味が変わるため
     味を変えないタイプとして紙を巻いて作る、チップ・ロールフィルター
     というのもある。
     レギュラーとスリム、ウルトラスリムの区分がある。
     単価で2円程度から。100個単位でパッケージされている。
     数百個入りで買うと、お得。
  • ローリングマシーン ローラーとも。なくても問題ないが
     安定した形状のタバコを量産できるようになるので
     あったほうが便利。
     ローリングマシーンはペーパーのサイズ別に用意されているので
     これのサイズが以後買う消耗品を決める…と言っても過言ではない。
     長いローリングマシーンで短いペーパーを巻くことはできるが
     斜行したりすると、修正は難しいので適切な器具が良い。
     価格はサイズによって微妙に基準が異なるが、70ミリ用で
     400円~600円台。
  • ローリングボックス 金属製のフタ付きの箱。フタの内側に
     ベルトと可動するローラーが仕込んであり、ベルトにひと通りを
     セットし、フタを閉じるとフタに開けてある穴から完成した手巻きタバコが
     飛び出してくる仕組み。箱の中にはシャグやペーパーフィルターを
     入れておける。そのアクションはすごくカッコいい!
     2000円前後。
  • チュービングマシン もう一つの手巻きタバコ作成法
     すでにフィルターまで巻いた「さや紙」と呼ばれるチューブに
     シャグを押しこんで一本を作る。さや紙は1本3円程で100本単位で買う。
     マシンはプラスチック製のハンディサイズや金属製の卓上型、電動
    なんてのもある。