読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅーとめも・わんもあせいっ

はてブに書ききれないことの追記や雑談。けっこう放言系。手巻きタバコにハマりだしてからは、シャグのレビュー多し

【手巻きタバコ】DRUM ドラム・オリジナル【シャグレビュー】

f:id:shoot_c_na:20140710120236j:plain

 アメスピ吸い終わりそうなんで…で買ってみた。
手巻きタバコ界では、ド定番なドラムです。
ファーストインプレッション的に書いてみます。

DRUM オリジナル

50グラム ¥1140(グラム単価¥22.8)巻紙付き
 手巻きタバコ扱いがある店なら、まず必ず置いてあることまちがいなし
なシャグです。ほとんど興味なかった頃から、この濃紺のパッケージは
見覚えありましたもん。

 かつお節のような香り・・・とはよく言ったもの。その裏で
湿った土草のような臭いもするので、個人的にはコレってゴボウ?!
とか思ってみたり。大好き・・・とは言えないけれど
そんなに悪いもんでもない。

 吸い口はマイルドかつこれがコクなのか・・・と。
ガツンとは来ないけど、ドッシリとしたというかネットリとしたというか
加湿されたタバコの葉ってこうなるんだ、という再発見するという意味では
ああ、紙巻きとは違う世界なんだな・・・という実感を納得させてくれる味。
 チェーンスモークせず、一本をゆっくり体に染み込ませるという吸い方を
憶えるには、いいタバコかもしれない。そう思った。

 おまけの巻紙は、この手には定番らしいリズラのオレンジ。
おまけ専用らしくて、通常のラインナップにはないフリーバーニング(らしい)。
60枚入りなのでお得感はあるが、まあその程度。
買う際には、一緒にお好みの紙も買っておくほうが無難。

総評

 ド定番かつコスパも悪くない。味も「慣れれば…」を接頭語にしなければ
というほどのキツさもない。でも、紙巻きタバコでこれと比肩するものはない。
 初心者にお薦めと言うのは、解ると同時にこれを初っ端にすると、
「タバコ代安くしたい」的にまったく知らずに飛び込んでくる人には、
いきなり大きな誤解与えかねないなぁ・・・という諸刃の剣を感じた。
よくレクチャーした上でとか、紙巻きと併用して次第に慣れてもらう的な
コトしないと。とも思った。
 そういう意味では、手巻きタバコを象徴した銘柄足りえる存在。