しゅーとめも・わんもあせいっ

はてブに書ききれないことの追記や雑談。けっこう放言系。手巻きタバコにハマりだしてからは、シャグのレビュー多し

【手巻きタバコ】DJ MIX ミント&クローブ【レビュー】

f:id:shoot_c_na:20141010003200j:plain

DJ MIX MINT&CLOVE

25グラム ¥560(グラム単価¥22.4)糊面なし巻紙付き

 着香系最凶のクローブ配合、“クレテックタバコ”とも呼ばれる
強烈な匂いのタバコです。
 開封してないのにこの臭さ!と思ったら、パウチは密封されておらず
折ってフラップをテープ止めしただけ。
そのためシャグはカラカラに…と言うよりパリパリに乾いてます。
後述するこのタバコならでは…な部分も考えると、加湿する必要はないでしょう。
 東南アジアの雑貨扱う店で漂ってる、甘くそれでいてスパイシーな
「あの香り」。まさにソレ。
紙巻きタバコでは、ガラムがこの系統ですね。
しかもミントも配合。クローブが強烈過ぎてパッケージから漏れる匂いに
ミント感はぜんぜん感じませんが、火を点けると一転。
メンソールの爽やかさが先に来て、クローブを引き立てる役割を演じます。
フィルター無しで吸うと、煙さよりもメンソールが喉を冷やす方に
肺がびっくりするくらいに。
 このクレテックタバコというのは、元々ハーブの成分を期待した
「薬としてのタバコ」から始まっているので、その眉をしかめる匂いと対照的に
吸口はひじょうに爽やかです。これ、メンソールだけど
煙自体が爽快という、ちょっと変わった体験ができるのは
このタバコならでは、です。
 あと、特筆すべきはおまけの巻紙。幅45ミリの普通の巻紙からすると
1.5倍位幅広な巻紙がついてきます。しかも糊面がなく濡らした紙の粘着力
だけでなんとか…もしくはそれで緩まない巻き方しろ、という前提の紙です。
コニカル巻きしろってことですよね?まだやったことないんで、当面出番なし。
あとこの紙、びっくりするほど甘いです。そういう甘味料を塗布してある
とのことなのですが、リコリス配合と比べ物にならない甘さ。

総評

これを吸うのは自己責任で!
薦められるかどうかで言えば、絶対にNo!
外で吸えるタバコでもない。風下の人から喧嘩売ってんのかと怒鳴られる
自信すらある。
 でも、解る人には解るだろうし、解らない人も解るようになって欲しい。
吸う前と吸ってる時は最悪だけど、
吸ったあとの充足感、これはたぶんタバコの中でナンバーワンなんだ。
美味いものたらふく食った直後、腹撫でてる時の至福感みたいな。
あれが味わえるタバコはこれだけ、なんですよ。
その点で言えば、オイラこのタバコけっこう・・・いやそうとう好きな部類です。