読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゅーとめも・わんもあせいっ

はてブに書ききれないことの追記や雑談。けっこう放言系。手巻きタバコにハマりだしてからは、シャグのレビュー多し

【手巻きタバコ】 コルツ グリーンティー 【レビュー】

f:id:shoot_c_na:20140715214653j:plain

 手巻きタバコの無限地獄、フレーバーシャグの世界へようこそ!
どうしようとは思ってた、着香系にまで手を出してしまいました。

COLTS GreenTea

40グラム¥880(グラム単価¥22) 巻紙付き
 グリーンティーとはそのままでは緑茶のことですが
コレはそういう名前の香水をモチーフにしたもの、だそうな。
コルツは入手しやすい銘柄ですが、フレーバーとしては
オンリーワンに近い、けっこう特殊な方向性らしいけど
いきなりそんなのに手を出しちゃって大丈夫なのか?オイラ。

 開封時、ミントティーに似たスーッとする香気が漂います。
購入時、ちょっと乾いてる気がするんだけど、これでいいのかな?
加湿すると香りが変わる気がする。買った際に湿度調整用の
ヒュミドール」を試供品でもらったんだけど、どうしよう…
 吸い口は、意外とガツンと来る系。吸うときはそれほどフレーバー
というものは感じないんだけど、吐いた残り香に、オレンジピール
渋い香気がふんわりと。メンソールとは違うスッキリとした後味。
(オイラあまりメンソール好きじゃないけど)
どこかのレビューで“午後ティー”と評されてたんだけど、それだ!と思った。

 おまけの巻紙はコルツのフリーバーニング。
なので、そのまま捨てちゃったっていいかも?
あ、後述するけど吸い方によってはこの紙のほうがいいかも?

総評

 常用でもイケるだろうけど、これは気分転換の一本的な
吸い方のほうが合うのかも?一緒に飲むのもコーヒーや(やらないけど)
お酒じゃなくて、紅茶や炭酸飲料のほうがあってそう。
 めっさ細巻にして、寝起きの一本とか仕事一段落した後の一服とか、
紫煙を燻らせる的な吸い方じゃなくて、スパッと吸っちゃえ!的な。
 手巻きタバコ≒愉しむという方向性、に共感して、始めた手巻きなはずなのに
フレーバーシャグ第一号が、頭からそれを否定しにかかってきた。
まったく予想外の展開だ。
シガレットケースに10本ぐらいこれを並べるのはちょっと考えたくないけど
2本くらいこれを混ぜておく、そういう方向で常備品としておくのは
いいかもしれない。味自体はけっこう好きな方だし。

 

エリザベスアーデン グリーンティー セントスプレイ 100ml(並行輸入品)【HTRC3】

エリザベスアーデン グリーンティー セントスプレイ 100ml(並行輸入品)【HTRC3】